若松区の新たな「まちづくりプラン」を!!

『若松区新まちづくりプラン策定事業』
  ~区内重要箇所視察会~


 来年(平成26年)は、旧若松市制100周年を迎えます。これに合わせて、今後の若松区の「街」のあり方を見据えたプランを考えるため、現在、「若松の未来を考える会(会長:住田精宏氏)」が活動を重ねています。
 この組織は、北九州商工会議所若松地区議員会がコア団体となり、各種まちづくり団体や商店街組合の代表者、北九州市立大学の先生をメンバーに組織したものです。
 ピーク時と比べ、若松区全体としては人口の減少は僅かですが、八幡西区経済圏とも言える西部地域で人口が増加し、東部の中心市街地域では人口が極端に減少しています。この会では、中心市街地に再度賑わいが戻り、若松区全体が浮揚するようなプランを作成しています。
 平成25年度中に報告書を纏め上げ、行政や地方議会に提言活動を行っていく予定です。

 議論の中盤を経て、今回(11月25日)、メンバーで区内の重要箇所を一緒に見て廻る区内視察会を実施しました。
 その模様をお伝えします。


e0198627_163487.jpg

区人口を増加に転じさせるには、日本海側最大水深を持つ「ひびきコンテナターミナル」の取扱い増や、響灘工業団地への企業進出など、資産の有効活用による産業振興が欠かせません。
…「ひびきコンテナターミナル」にて…

e0198627_1642493.jpg

ここではコンテナは4段まで積めます、しかし現状ではあまり…
かなり伸び白があります…008.gif

e0198627_1654435.jpg

響灘工業団地です
写真の西部ガスの「ひびきLNG基地(2014年運用開始予定)」や超大型タイヤを製造するブリヂストンなどの多数の進出はありますが、まだまだ敷地に余裕があります…008.gif

e0198627_16171757.jpg

海岸線風力発電エリア
ここではさらに洋上風力発電と火力発電を組み合わせた「響灘発電所」構想
が進んでいます!

e0198627_1662363.jpg

若松区本町の中心商店街の中の「あやどり市場跡地(2012年1月火災消失)」です。外側はこのように覆いで囲ってあり、普段は見えません。

e0198627_1665220.jpg

あやどり市場跡地(内部)です。街中の真ん中にこんな土地が手つかずになってます。
もともとこの周辺は徒歩圏内に駅あり役所あり商業施設あり病院ありと、「コンパクトシティ」の要素を備えています。
会ではこの跡地に低層階は店舗、高層階はケア付住宅の高層ビルを建てて、区内斜面地に住む高齢者の転居を促すなどして、「住みやすい街」とすることを考えています。

e0198627_167271.jpg

「若松に玄関をつくる会」の家次会長の案内(バスターミナル構想、若松側渡船場の若松駅付近移転構想等々)による若松駅周辺の視察を経て、最後に向かったのが、この若松警察署海側後背地の広大な遊休地です。
会では中心市街地活性化の起爆剤として、ここに区内の「ある大型公共施設」を移転させたいと考えています。

~本会の活動については、今後も本ブログにてご報告させていただきます~

040.gifランキング参加中!応援よろしくお願いします040.gif   
      にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村北九州商工会議所 若松サービスセンター
〒808-0034
福岡県北九州市若松区本町2-17-1
ベイサイドプラザ若松アネックス1階
営業時間/AM9:00~PM5:25(平日のみ)
TEL:093-761-2021 / FAX:093-761-2022
北九州商工会議所HP http://www.kitakyushucci.or.jp/
e0198627_13175128.gif

[PR]

by kcciwsc | 2013-11-27 16:09 | Comments(0)  

<< 若松忠臣蔵とイルミネーション点灯 浜・市場連合組合プレミアム商品券 >>