「あやどり市場」火災跡地の今後

「あやどり市場」火災跡地の再開発へ向けて!

平成24年1月末の火災で、若松区本町の中心商店街にあった「あやどり市場」が全焼してから2年以上過ぎました。商店街の中心部分約1,800㎡の土地が空き地となり、現在も手付かずのままです。

若松の中心商店街である本町商店街と明治町商店街の双方に面する、まさに中心市街地の真ん中のこの跡地をどう再建するかは、今後の街づくりを考えていく上で無視できない大きな課題です。

遅くはなりましたが、商店街の有志による今後の方策を探る勉強会が始まりました001.gif


e0198627_13423054.jpg

5月26日(月)、第1回の会合です♪

指導にあたるのは大阪にある㈲協働研究所の東 朋治さん。阪神大震災後に、街の復興のため神戸の「新長田中心市街地活性化協議会」の事務局長として尽力し、東北大震災後には岩手県宮古市の復興に関わった、まさにこの道の専門家です。
(先生のカメラでの画像です。しまった先生が写ってない…008.gif

初回の今回はまず、神戸の復興事例などを元に、「いろんな方法がある」ことや「成功や失敗の理由」など幅広く学びます。この中に若松に合う、取り入れるべきものがどれかあるはずです…。

ちなみに、今、この「あやどり市場」火災跡地はどんな状況なのか?
別の団体で訪れた際(平成25年11月撮影)の画像がありますのでご覧ください。


e0198627_13442378.jpg

パネルで覆っているので、アーケード街からは中の様子は窺えません004.gif


e0198627_13442022.jpg

中に入ると…。
右端で画像から切れてますが「木」がありました。
なんと最初はなかったそうです005.gif 月日が経ったのを感じさせます…007.gif


e0198627_13443349.jpg

今、こんな感じになってます…。


e0198627_13452977.jpg

もしこのままにしておくと、誰も知らない街中の草原が誕生するかも…056.gif

これらの写真でも少しわかりますが、この四角い土地は、2面をアーケード街、残る2面
には建物がある「袋小路」の土地で、周囲の協力がないと工事車両の出入りもできないような所です。
このことが問題を一層難しくしています008.gif

しかしやはり、このままにはしておけません。

これから勉強、研究を少しずつ進めていきます029.gif


040.gifランキング参加中!応援よろしくお願いします040.gif   
      にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村北九州商工会議所 若松サービスセンター
〒808-0034
福岡県北九州市若松区本町2-17-1
ベイサイドプラザ若松アネックス1階
営業時間/AM9:00~PM5:25(平日のみ)
TEL:093-761-2021 / FAX:093-761-2022
北九州商工会議所HP http://www.kitakyushucci.or.jp/
e0198627_13175128.gif

[PR]

by kcciwsc | 2014-05-29 13:55 | 若松地域情報 | Comments(0)  

<< 若松商業高校体育祭 「若松東海岸遊歩道」 >>